セフレは、いわば「セックスをするための関係」といっても過言ではありません。
しかし、セックス以外に相手の魅力を見つけて、そのまま恋人同士に発展することも大いにあります。
セックスから始まる恋愛は、ちょっと前まででは何かと変な目で見られる対象でした。
しかし、ここまでセックスフレンドが定着した現在であれば、十分許容される「ありえる」話です。
肌の相性が良いと、心にもリンクしやすいのでしょう。
最初はセックスフレンドだ、と割り切ってスタートした交際が、日を追うごとに存在が心に浸透していくのは、このためです。
つまり、倫理の観点では抵抗感があるのかもしれませんが、男女関係においてはごく自然に発展することのある事態なのです。
出会い系サイトでの出会いが、恋愛に発展するケースでも、割と多いのがこの、セフレのつもりが、いつのまにか恋人になっていたということです。
セックスフレンドだからといって、相手に特定のパートナーでも居ない限りは、恋人になっていけない理由はありません。
翻して、セックスだけの関係だったからまかり通っていた関係だけれど、恋人になったらうまくいかなかった、なんてことももちろんあります。
お互いが、お互いを必要としている存在であるなら、セックスフレンドから恋人に移行していくものです。
セックスフレンドと恋人は、イコールではありません。
しかし、セックスフレンドならば恋人になる可能性がある、とは言えます。
お互いのセックスに満足をしているから、セックスフレンドという今だとしても、今後セックス以外に相手に気に入った部分がれば、環境の問題は二の次にしても、恋人になる未来も、十分あるのです。

関連記事

    None Found